女性 好き避けと嫌い避け 行動・態度

女性の好き避けと嫌い避けの行動・態度の意外な違いとは!?

スポンサーリンク

 女性に男性が避けられるときは、好き避けと嫌い避けの二種類があります。
 両者にはどんな違いがあるのか、ここでは比較して見ていきましょう。

 

 ・好き避けの特徴は、完全には避けないということ

 

 好き避けの一番大きな特徴として「完全に相手を避けない」ということが挙げられます。
 恥ずかしくて、または思いを本人や周囲に知られたくなくて避けるわけですが、それはあくまで周囲に対しての行動です。
 隠したくても、好きという気持ちはきちんと相手の中にあることをお忘れなく。
 二人きりの時は意外と避けられない時などは、わかりやすい好き避けのパターンですね。
 また、二人きりでも避けられても、ラインなど連絡をやり取りしているとき楽しく会話できていればこちらも好き避けのパターン大です。
 本人を目の前にしていないので緊張せずに、のびのび会話できていることが多いからです。

スポンサーリンク
 

 ・嫌い避けのパターンは、完全に避けている

 

 女性の嫌い避け程わかりやすいものはありません。基本的に女性が嫌い=完全に脈なしの男性にとる行動は、非常に冷徹であり、事務的になるパターンが多いです。例えば話しかけても、連絡をしてもそっけない、会話がすぐ終わる。必要最小限の会話しかしない。
 むしろメッセージが返ってこないことも。こちらは好き避けとは逆に、世間体もありますから周囲に誰かがいると逆に避けられないことも多いですが、目を合わせない、声のトーンが低い、一言二言でいつも会話が終わるようなら嫌い避けの可能性は極めて高いと言えるでしょう。

 

 ・理不尽な嫌い避けは相手にしなくてよい

 

 こちらが何か女性に失礼なことをしていなくても、理由なく嫌い避けされることもあります。
 そのような場合はあまり気にしたりくよくよせず、こちらも必要最低限のあいさつで済ますなど事務的な対応を心がけましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加